岡山市・倉敷市でホームページ制作なら”ぱっとカエル”!

ぱっとカエルコラム

2021.09.27

ぱっとカエル小技「Googleマップの表示ずれ解消」

こんにちは!岡山・倉敷でホームページ作成なら”ぱっとカエル”
カエルくんのホームページブログです。

ウェブサイトに埋め込みに便利なGoogleマップですが、時々「住所を入れたけど正しく地図に表示してくれない」ことがあります。

今回のブログでは住所と地図のずれが発生する原因と、「ぱっとカエル」での解決方法をお伝えします。

Googleマップで住所との表示ずれが発生する原因

「ぱっとカエル」でのGoogleマップの表示ずれを解決する方法

Googleマップで住所との表示ずれが発生する原因

地図埋め込み時に使用しているGoogleのAPIのタイプによって原因は異なります。
ぱっとカエルユーザーで別途APIを取得していない場合、地図埋め込みに使用しているAPIタイプは「Embed」です。

「APIタイプ:Embed」の場合

Embedは「ぱっとカエル」での地図埋め込みで通常設定されているAPIタイプです。
機能制限がありますが無料で使用できます。

マップずれの原因
  • 登録した住所が間違っている
  • 詳細な住所を入力していない
  • 住所と緯度・経度情報が正しくひもづいていない
  • Google側でマップに登録している住所が間違っている

「APIタイプ:Dynamic Maps」の場合

Dynamic MapsはGoogleとの契約が別途必要になる有料のAPIです。
「自動的に緯度経度を取得」「吹き出しコメント」などの機能が使用できます。

マップずれの原因
  • 登録した住所が間違っている
  • 詳細な住所を入力していない
  • Googleマイビジネスに登録していない
  • Googleマイビジネスに登録している住所を間違えている
  • Google側でマップに登録している住所が間違っている

「ぱっとカエル」でのGoogleマップの表示ずれを解決する方法

1.住所に誤りや不足がないか確認・修正

「ぱっとカエル」やGoogleマイビジネス(ご利用の方のみ)に登録した住所に間違いや不足がないかを確認します。
Googleマイビジネスをご利用の方で、登録内容に誤りがあった場合はマイビジネスも修正をします。

2.Google側のマップ登録情報を確認・修正

WEB検索で表示されるGoogleマップで、Google側で自社や店舗が異なる住所で登録されていないか確認します。

Google側でマップに登録している住所が間違っていた場合は、Googleマップ内の「情報の修正を提案」から「名前またはその他の情報を変更」を選択して、住所の修正提案をします。

※修正が反映されるまでタイムラグがあります

情報の修正を提案
Map data ©2021 Google

名前またはその他の情報を変更
Map data ©2021 Google

住所を修正
Map data ©2021 Google

3.住所ではなく緯度・経度情報で登録

1、2でずれが解消されなかった場合は、住所と緯度・経度情報が正しく紐づいていない可能性があります。
このケースは正しい住所を登録しても正常に表示されません。

「ぱっとカエル」の住所欄に住所ではなく、緯度・経度を入力することで改善できます。

緯度・経度の調べ方

1.Googleマップで地図に表示させたい箇所にピンを移動し、地図上のピンを右クリックして一番上に表示される「緯度,経度」を選択すると、緯度・経度がコピーできます。

マップをクリックしてピンを設定
Map data ©2021 Google

右クリックで緯度,経度を選択してコピー
Map data ©2021 Google

「ぱっとカエル」の地図の住所欄にコピーした緯度・経度を貼り付けて保存します。

住所欄に緯度,経度を入力

保存して「サイト公開」を実行します。

以上、1、2、3の修正でマップ上のピン位置のずれが解消できます。
Googleマップで表示ずれが発生している時は、是非お試しください。

関連小技

ぱっとカエル小技「地図をホームページに入れたい」


岡山で簡単に更新できるホームページCMSをお探しなら“ぱっとカエル”
ご要望があればサンプルサイトもすぐにご用意できますので、お気軽にお問い合わせください☆

ページの先頭へ戻る