岡山市・倉敷市でホームページ制作なら”ぱっとカエル”!

ぱっとカエルコラム

2021.08.02

ぱっとカエル小技「ホームページにGoogleストリートビューを埋め込む方法!」

こんにちは!岡山・倉敷でホームページ作成なら”ぱっとカエル”
カエルくんのホームページブログです。

ホームページを作成する際に、お店の位置情報も一緒に載せますよね。これがないと困ります💦その際、地図上での位置情報だけでなくGoogleストリートビューも一緒に載せると、よりお客様が足を運びやすくなるのではないでしょうか!地図上で確認して、大丈夫だ!と意気込みお店に足を運ぼうとしたところ、一軒隣でした!なんてことも…。
私自身、ストリトビューがあってよかったなと思う場面に出くわしたことが多々ありますので、この際にぜひホームページにGoogleストリートビューを載せませんか?

Googleストリートビューの埋め込み方法の解説はこちら!

 Googleストリートビューの埋め込み方法

①GoogleストリートビューのHTMLをコピーする
1.まずはGoogleストリートビューのHTMLのコピーからはじめましょう。
Googleマップにアクセスし、目的のストリートビュー画像を表示させます。

2.左側に表示されるナレッジパネルから、中段の「写真」から「360°ビュー」を選択し、
画像の左上の情報エリアにある三点のリーダーをクリック、「画像の共有または埋め込む」を選択してください。
HTMLが表示されますので、コピーします(メモか何かに一旦移しておくことをおすすめします)。

②ホームページにコピーしたHTMLを埋め込む
1.埋め込みたいページで右クリックし、『コンテンツパーツの追加』を選択してください。

2.メニューが出てきたら、左のタブにある『目的別パーツ』から『□埋め込みタグ』 を選択してください。
『埋め込みタグ-新規作成』をクリックしていただくと、埋め込みコードの入力画面が表示されます。

3.タイトルとタグを入力します。
『タイトル』(例)Googleストリートビュー
『タグ』に先ほどコピーしたHTMLを貼り付けます。

4.OKクリックでストリートビューの埋め込みが完了します。
再びコンテンツパーツの追加を選択し、埋め込みタグを見ると、Googleストリートビューのパーツができました!
このパーツを追加して完了です!

Googleストリートビューがホームページに追加されました!

いかがでしたか?せっかく位置情報を載せるのなら一緒にGoogleストリートビューを載せることで、よりお店の雰囲気が伝わってお客様にも安心してご来店いただけるのではないでしょうか!(*^^*)
この際にぜひ、活用してみてくださいね☆


岡山で簡単に更新できるホームページCMSをお探しなら“ぱっとカエル”
ご要望があればサンプルサイトもすぐにご用意できますので、お気軽にお問い合わせください☆

  1. 岡山市・倉敷市でホームページ作成なら「ぱっとカエル」
  2. ぱっとカエルコラム
  3. ぱっとカエル小技「ホームページにGoogleストリートビューを埋め込む方法!」
ページの先頭へ戻る