岡山市・倉敷市でホームページ制作なら”ぱっとカエル”!

ぱっとカエルコラム

2023.11.10

目的でみるランディングページとホームページの違いについて解説

みなさんは、LP(ランディングページ)をご存知でしょうか?
ホームページは知ってるけど、LPってなんだ?という方に向けて簡単に解説していきます!

 

 1.LP(ランディングページ)とは

LPとは

ランディングページ(Landing Page)とは、特定の目的やキャンペーンに焦点を当て、訪れるユーザーに対して一定のアクションを起こさせることを目的としたウェブページです。広告やプロモーションなどから訪れるユーザーに、特定の行動(コンバージョン)を促すために設計されています。コンバージョンは、以下のような内容を指します。

・問い合わせ
・資料請求
・メルマガへの登録
・商品やサービスの契約

ランディングページは、基本的に1ページで構成されているため、「1ページで完結するサイト」の事をランディングページと言うことが大半ですが、「訪問者が最初に訪れるページ」を指す場合もあります。

LPの特徴
役割は特定の目的を持つこと

ランディングページは、クリック広告、ソーシャルメディア広告、メールマーケティングなどで訪れるユーザーに対して、商品の購入、メール登録、詳細情報の取得など、明確な目的を持っています。

基本的には縦長1ページで構成されており、商品やサービスの情報だけに限り簡潔に説明することで、シンプルに情報伝達を行うことができるようになっています。

シンプルかつ目を引くデザイン

ランディングページは通常、シンプルで直感的なデザインが採用されていることが多いです。訪問したユーザーが迷うことなく目的に進めるようにするため、細かい説明や遠回りする要素は極力省かれており、集客から問合せまでを1ページ単独で行えるように設計されています。

また、ユーザーに興味を持たせるためにカラーやデザインは目を引くものが多く採用されています。注文や資料請求のボタンなどは大きくして存在感をユーザーにアピールできるようにしたり、キャッチコピーも要点を分かりやすく伝え、興味を引くコピーが重要です。

また、ランディングページはリンクが一つの商品に限定されています。他につながるボタンは「申し込み」や「購入」だけに絞り、関連商品や自社サイトへの誘導は行っていないことが特徴です。

ユーザーの行動を制限して、違う情報に意識をそらせないままコンバージョン(特定の行動)に直結させるよう工夫されています。

2.HP(ホームページ)とは

HPとは

ホームページ(Homepage)は、本来の意味で言えばブラウザを起動したときに最初に表示されるWebページのことで、Google ChromeやSafariなど、パソコンやスマートフォンで検索する際にまず初めに起動するWebブラウザの事を指します。

しかし、そこから派生してWebサイトの表紙であるトップページの事をホームページと呼ぶようになります。その後ホームページが指す範囲は拡大し、現在ではWebサイト全体をホームページと呼ばれるようになっています。

HPの特徴
役割は集客行うこと

企業の場合、ホームページは自社の商品や会社の事を多くの人に知ってもらうためにあります。ホームページを開設しておくと、営業の問い合わせが来たり、24時間365日会社の事を解説してくれる営業マンになってくれます。ホームページはオンライン上の自社の看板のような役割を持っています。

複数のページを持つデザイン

ランディングページと違い、ホームページは様々なページを持ち、訪問したユーザーがWebページ内のどこにでも進めるようにリンクを貼り巡らせることが多いです。そのページ内にある商品やサービスに関連するものに繋げることでたくさんの情報をユーザーに知らせることができます。

< 記事を読み終えた後や途中に関連するリンクがあるとついつい見てみたくなりませんか?

3.LPとHPの特徴と目的の違いを簡潔に比較

HP LP
目的 商品や会社概要など幅広い情報を理解してもらうこと 情報を理解してもらい、特定の行動(コンバージョン)をしてもらうこと
ページ数 複数 基本1ページ
特徴 複数のページに渡り多くの情報を掲載できる 目的がはっきりしているため行動を促しやすい
集客とSEO 自然検索で流入を増やすためSEO対策が必要 広告での集客がメインのためSEO対策は行わない
メリット

・複数ページに分けて多くの情報を掲載できる
・対象ユーザーが幅広い
・検索上位を狙うことができる

・ターゲットを絞ったページ設計と理想的な順番で情報を提供できる
・ページ離脱者が少ない
・短期間で効果が出る

デメリット ・ターゲットを絞れない
・リンクが多いので離脱のリスクが高い
・効果が出るまで時間がかかる
・1ページに複数の情報を集約する必要がある
・SEOを強化するのが難しい
・直帰率が高い
制作費用の目安 30~200万円程度 10~60万円程度

目的で見るとそれぞれの役割があることが良くわかりますよね。

おそらく皆さんが一番気になる費用だけで見るとランディングページの方が比較的安価ですが、公開するだけでは効果が出にくいため、広告とセットでの運用がおすすめです。

4.LPとHP、結局どちらがいいの?

今回はランディングページとホームページの違いについて簡単に解説しましたが、いかがでしょうか?

LPとHPにはそれぞれ違った役割があり、結局どちらを開設したら良いの?と思うかもしれません。

結論を言いますと、「目的・用途により異なる」です。

★商品やターゲットが明確に決まっている場合はランディングページがおすすめ
☆商品数やターゲット層が広い場合はホームページがおすすめです!

それぞれの目的・用途の違いにより使い分ければもう完璧!
初めに片方を準備して、余裕があったら両方のページを構えるとより効果的なのではないでしょうか!


岡山で簡単に更新できるホームページCMSをお探しなら“ぱっとカエル”
ご要望があればサンプルサイトもすぐにご用意できますので、お気軽にお問い合わせください☆

  1. 岡山市・倉敷市でホームページ作成なら「ぱっとカエル」
  2. ぱっとカエルコラム
  3. 目的でみるランディングページとホームページの違いについて解説
ページの先頭へ戻る